生活アート科スイーツアートコース

経営感覚をもったスイーツアーティストに。

成熟した食文化の時代の中で、スイーツをはじめとした「食」に求められる価値は日増しに高まっています。その中で本コースは単なる「お菓子作り」の枠を超え、栄養学や店舗経営の基礎となる分野までを学び、将来のフードビジネスをリードしていく人材を育成していきます。

  • ▶ 募集定員:男女20名
  • ▶ 修業年限:3年
  • ▶ 高校で県下有数のスイーツ専門コース
  • ▶ 食生活アドバイザー検定試験会場校

高卒資格

+

専門資格

スイーツアートコースのポイント

  • Point01

    「食」に関わる総合的な知識を学ぶ

    本コースでは、「食」に関する「カルチャー」、「サイエンス」、「アート・デザイン」、「経営マネジメント」の4つの部門について学び、スイーツアーティストとして必要な総合知識と技能をバランスよく身につけます。

  • Point02

    スイーツの創作に必要なデザイン力を養う

    粘土やパソコンを使ってスイーツをデザインする実習を通して、スイーツの創作に必要なデザイン力や表現力を磨きます。

  • Point03

    ビジネス感覚を
    養成する

    単なる「お菓子づくり」の域を超え、店舗経営の基礎となる分野まで習得することで、将来のフードビジネスをリードする人材を養成します。

Point04

取得可能資格

  • 高等学校「普通科」卒業資格
  • レタリング技能検定
  • フードコーディネーター
  • パンシェルジェ
  • 大学・短大入学資格
  • ビジネス文書実務検定
  • カフェプランナー
  • 食生活アドバイザー
  • POP広告クリエイター
  • 情報処理技能
  • テーブルコーディネーター

就職分野

  • スイーツ工房
  • カフェ・レストラン
  • グラフィックデザイン事務所
  • 洋・和菓子店
  • コーヒーチェーン
  • 印刷会社
  • 製菓メーカー
  • フェイクスイーツ工房

教育課程表

一般科目(週授業時間数)
国語
表現
国語
総合
世界史
A
地理A 現代
社会
数学Ⅰ 化学
基礎
科学と
人間生活
体育 保健 美術 コミュニ
ケーション
英語Ⅰ
家庭
総合
社会と
情報
総合的な
学習の
時間
特別
活動
1年 - 2 - 2 - 2 - 2 2 1 2 2 2 - -
1
2年 - 2 2 - - 1 2 - 2 1 - 1 2 - - 1
3年 2 - - - 2 - - - 3 - - - - 2 3 1
専門科目(週授業時間数)
素描 生活産業
情報
デスクトップ
パブリッシング
課題
研究
構成 情報メディア
デザイン
環境
造形
美術
概論
製菓
理論
製菓
実習
1年 3 2 2 - - - - - - 2
2年 - 2 2 - 2 3 - - 2 2
3年 - - - 4 2 2 3 2 2 2
1年 27
2年 27
3年 30

笹田なら、”ココ”までできる!

沢山のお菓子や料理に触れて、
作ることがもっと
好きになっていく。

【生徒作品紹介】

大林 夏菜〈高卒:新居中出身〉
第34回笹田デザインコンペティション
「奨励賞」受賞作品

  • Lesson

    製菓実習

    製菓の基本を学び、季節や素材にこだわったスイーツの創作に取り組みます。また、パンの発酵の原理を理解した上で様々な種類のパン製作に励んでいます。

  • Lesson

    製菓理論

    製菓をはじめとする様々な食材についての知識を学び、食生活や食文化に至るまで見識を広げ、関係分野の資格取得を目指します。

  • Lesson

    構成

    粘土などを用いて本物そっくりのケーキを作ったり、コンピューターを使ってスイーツをデザインしたりします。パッケージやラッピングについても学び、スイーツをより魅力的に演出する方法を身につけます。

作品ギャラリーはこちら

動画で見る生活アート科スイーツアートコース

TEACHER’S VOISE

スイーツアートコース講師

佐藤 法誉

今、「食」をテーマにした情報が人々の注目を浴びています。それは人間にとって一番大切な体の成長と健康の維持、そして心まで豊かなものにしてくれているからです。特に現代においては、いろいろな食材を使った、新しい感覚のスイーツが私たちの目を楽しませ、心を癒し、そしてコミュニケーションづくりに役立っていると思われます。スイーツアートコースでは「食」に関する「カルチャー」、「サイエンス」、「アート・デザイン」、「経済マネジメント」の4分野をしっかり学び、幅広い知識と技術、そして知恵を身につけていきます。将来は「スイーツアーティスト」や「パティシエ」、「カフェマネージャー」や「レストランプロデューサー」などのフードビジネスにおいても大変有利です。笑顔を提供するスイーツが創れることに、喜びと自信を持たせたいです。

佐藤 法誉